東京から撮りに行ける!夕焼けが美しい絶景スポットのまとめ。

今日は、東京から撮りに行ける夕焼けスポットの紹介をしたいと思います。

コロナウィルスが収束するまで、写真を撮りに行くことが難しいので、STAY HOMEしながら過去に撮った写真をご紹介します。

東京近郊の夕焼けスポット

東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジは、若洲公園から撮影すると夕日と一緒に撮影することができます。

冬の空気が澄んでいるときは夕焼けと富士山を撮影できることでも有名です。

様々な構図から撮影ができますが、若洲公園からゲートブリッジは意外と距離があるので、個人的には望遠レンズがあった方が表現が広がると思います。

晴海埠頭

晴海埠頭は東京湾に沈む夕日が観れるスポットです。

風のオブジェ、レインボーブリッジ、東京タワーなど魅力的な被写体がいっしょに撮れるので、絵葉書のような夕焼け写真をとることができます。

風のオブジェを撮るのであれば、オブジェの前はカメラを持った人で込み合いますので、夕焼けの時間より早めの場所どりしておくことがおすすめです。

荒川土手(四ツ木)

東京スカイツリーを撮影するのであれば、四ツ木駅付近の荒川土手がおすすめです。

ここは富士山と夕焼けを撮れる場所としても有名で、そのほかにも鉄橋や土手などの被写体もあるので、様々な作品を撮ることができます。

一度だけでなく何度通っても飽きないスポットです。

江の島

海と夕焼けは最強の組み合わせですね。

江の島は、ランドマークである灯台をバックにサーファー、家族、恋人などざまざまな人たちをフレームにおさめて撮るのが好きなパターンです。

鎌倉も近いので、昼間は鎌倉で写真を撮った後、しめくくりに江の島で夕焼けを撮るのがおすすめのコースです。

横浜(大さん橋)

横浜は見どころが多く、街中がフォトジェニックですが、みなとみらいの夕焼けを撮るなら大さん橋がおすすめです。

ライトラップされたみなとみらいは定番の構図ですが、横浜らしい一度は撮ってみたい景色ですね。

大さん橋そのものも撮影していて楽しいのでおすすめのスポットです。

江川海岸(木更津)

海中に浮かぶ電柱がインスタ映えするとのことで有名になった撮影スポットです。

満潮のときの電柱のリフレクションも素晴らしいですが、干潮のときは干潟にリフレクションする夕焼けも絶景です。

東京湾の対岸に見える工場地帯が個人的には気に入っています。

編集後記

今回は都内から日帰りで行ける夕焼けスポットをまとめてみました。

夕焼けは見るのも撮るのも大好きですが、有名スポットにわざわざ撮りに行かなくてもすばらしい写真が撮れると思っています。

外出ができるようになるまでは、近所からみる夕焼けを楽しもうと思います。

関連記事はこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA