夕焼けの美しい季節。誰にでも簡単に撮れる夕焼けの撮影方法。

冬は美しい夕焼けが撮影できる季節

Camera: FUJIFILM X-T2 Lens XF35mmF2 R WR
F6.4 1/125秒 ISO1600

12月に入り少しずつ冬らしい寒さになってきました。

朝になると特に冷え込んで、ベットから出るのがつらい季節ですね。

一方で、冬は四季のなかでもっとも空気が澄んでいるので、綺麗な写真が撮れる楽しい季節でもあります。

(年々寒さに弱くなってきていますが。。)

そんな冬の季節におすすめの被写体が夕焼けです。

夕焼けは、刻々と変わる雲の様子や西の空に沈む夕日が感動的で、わざわざ遠くの撮影に出かけなくても、家の近所で美しい写真が簡単に撮れるので、冬の撮影におすすめの被写体です。

今日は、そんな夕焼けの撮影方法について記事にしたいと思います。

夕焼けの撮影場所の見つけ方

Camera: FUJIFILM X-T2 Lens XF16-80mmF4 R OIS WR
F11 1/60秒 ISO200

夕焼けの撮影場所の探し方としては、インターネットで調べれば、夕焼けの名所がいくらでも出てきますが、私のおすすめは自分の家や職場の近くなど、自分が生活している身近なところでの撮影です。

夕日は季節によって沈む方角や時間が変化していきますが、自分が生活している環境であれば専門的な知識がなくても、「最近、この時間になると、いつもあそこから綺麗な夕日がみえるな。」とわかるので、身近なところに撮影場所を見つけることができます。

夕日や夕焼けの見える時間は、マジックアワーと言われますが、バックの空がオレンジ色に染まるだけで、どんな景色もすばらしい絶景に変わります。

わざわざ遠くに撮影に行かなくても、日常の中で十分にきれいな写真が撮れるので、まずは日常の中で夕焼けが見れるところを注意深く見つけておくことが大切だと思います。

風景写真は、天候に振り回されるジャンルの撮影ですが、家の近くであれば空の様子をみて、夕焼けが見れれそうなときだけ撮影に出かければよいので、失敗も少ないと思います。

夕焼けの撮影方法

Camera: FUJIFILM X-T2 Lens XF35mmF2 R WR
F9.0 1/125秒 ISO320

私が行っている夕焼けの撮影方法は、いたって簡単です。

まず、絞り(F値)をF8.0~F11あたりで固定し、シャッタースピード1/120秒、ISO感度200、ホワイトバランスは、日陰に設定します。

あとはシャッターボタンを押すだけです♪

私は、まず上記の設定でいったん撮影をしてみて、F値は固定しておいていじらず、シャッタースピードを速くしてみたり、遅くしてみたりしながら、自分がイメージする露出を探すようにしています。

シャッタースピードを変えるだけで、写真の雰囲気ががらりと変わるので、初心者の頃はこれにちょっとした感動がありました。

ISO感度は、最初一番低い設定(富士フィルムX-T2は最低ISO感度は200)にしておいて、徐々に夕日が沈んで暗くなっていきますので、それに合わせてISO感度を高くしていくようにしています。

手持ち撮影の場合、日没後はISO1600くらいまで上げていますが、三脚があれば、ISO感度は一番低いまま固定ができます。

三脚があるとフィルターを付けて長時間露光したり、表現の幅も増えるのでメリットが多いのですが、ISO感度を高めれば対応できすので、私は三脚を使わずに気軽に手持ちで撮影することが多いです。

高感度に強いフルサイズや手振れ補正が付いたカメラが欲しい。。

マニュアル撮影に慣れてからは、状況に応じてF値、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスをかなりいじるようになりましたが、初心者のころは上記の方法でコツをつかみましたので、良かったら参考にしてください。

色味については、富士フィルムのカメラを使っているので、フィルムシミュレーションは、Velviaを選択して、彩度の高い写真に仕上がていることが多いです。

夕焼けの撮影は簡単で楽しい!!

Camera: FUJIFILM X-T2 Lens XF16-80mmF4 R OIS WR
F11 1/250秒 ISO200

今回は、私の大好きな夕焼けの撮り方について書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

インスタなどを見ても、たくさんの綺麗な夕焼けの写真が投稿されているので、夕焼けが好きな方は多いのではないかと思います。

撮影は簡単ですが、同じ場所から撮った写真でも、空の表情がいつも違うので、夕焼け撮影は楽しいです。

自分が見た感動的な夕焼けを写真に残してみるものいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA